本当にヘアサイクルを改善できるのか?

ポリピュアEX

特許成分であるバイオポリリン酸による毛乳頭へのアプローチから、ヘアサイクルを正常に戻すという謳い文句を掲げているポリピュアEX。

 

確かにヘアサイクルの正常化というのはよく聞く話だし、大切なことなんだろうなと思っていました。ですが、実際に半年使ったのち、本当にポリピュアEXにその効果があるのかと疑問に思い詳しく調べてみました。

 

そもそもヘアサイクル理論とは?

まずはヘアサイクル理論について簡単に解説します。
ヘアサイクル理論は毛周期とも呼ばれ、簡単に言うと髪の毛が生えて抜けるという新陳代謝を表しているものです。

 

髪は毛乳頭に栄養を蓄えて生やすという仕組みになっています。毛乳頭が細胞分裂を起こすよう命令をだして髪の毛が成長するんです。この細胞分裂を起こしなさいと命令している期間を成長期といい、大体4~6年と言われています。

 

成長期が終わるとやってくるのが退行期と呼ばれる期間です。この時期には髪の成長が一気に鈍くなります。この期間は大体2週間程度です。

 

退行期を終え最後に訪れるのが休止期です。休止期に入った髪は完全に成長を止め、抜けるのを待つだけとなります。期間は大体3ヵ月です。この期間に新しい髪が生えてくるための準備が行われています。

 

上記の3つの段階をループしているというのがヘアサイクル理論です。このル―プが髪の毛一本一本でバラバラに進行しています。そのため、朝起きたらいきなりはげていたなんてことは起こりえません。

 

さらに言えば、一ヵ月で効果を実感!と言っている育毛剤全てがヘアサイクル理論で考えると少々無茶な話ということになってしまいます。
もしも一ヵ月で効果を実感したという方がいれば、それはたまたま成長期の髪が多かった期間に当たっただけと考える方が妥当でしょう。

 

AGA(男性型脱毛症)とヘアサイクルの関係とは?

AGA(男性型脱毛症)になると、ヘアサイクルの要である「成長期」の期間が通常よりも短くなってしまいます。この成長期が短いと、正常な髪が生えてこなくなりすぐに抜け落ちてしまいます。太く強い髪が育たなくなるんですね。

 

しかもAGAは自己治癒することはなく、年々加速していくという病気です。だから、薄毛対策は予防の段階から早めに行うべきだといわれるんですね。

 

ポリピュアEXでヘアサイクルを正常化できる?

上記したように、ヘアサイクルを正常にすることができれば薄毛の改善に大きな効果を発揮します。

 

しかし本当にそんなことが可能なんでしょうか?

 

確かに、ポリピュアEXの公式ページには、独自成分が毛乳頭に作用してヘアサイクルを正常に戻すといった旨の説明がされています。が、これも少々怪しい部分が・・・

 

浸透力の説明に怪しい部分が・・・のページで詳しく説明していますが、毛乳頭に作用すると言いながら、育毛剤の浸透力が角質層までと小さく注意書きされているんです。角質層とはほぼ肌の表面で、毛乳頭には全く届かないレベルです。

 

これにはさすがに「?」です。

 

さらにポリピュアEXは医薬部外品ですから、成分が毛乳頭に届いたとしても一気にサイクルを正常化するほどの効果は期待できません。あくまで「緩やかな効果」が期待できるだけです。

 

実際医薬品であるプロペシア(フィナステリド)には、短くなった成長期を伸ばし後退期に入った髪を引き戻す作用があります。これは副作用のある医薬品だからこその効果ですね。

 

じっくり使っていけばいつかは・・・?

結論をまとめると、

 

  • 毛乳頭にまで浸透しない特許成分
  • もし浸透したとしても効果は緩やか
  • すぐに実感できるようなものではない
  • 医薬品を使用したとしてもすぐに効果があるわけではない
  • 簡単にヘアサイクルを正常化することは難しい

 

ポリピュアEXでは絶対にヘアサイクルを正常化することができないかと言われれば、そんなことはありません。ですが、そのためにはかなりの年月が必要となるでしょう。

 

それを気長に待っている間にも薄毛は進行しますから、おススメできるかというと答えはノーですね。もっと効率の良い育毛剤は他にたくさんありますからね。

 

NEXT:公式サイトの気になる点を販売会社に直接聞いてみたが・・