他の育毛剤と比べても明らかに少ない成分数

ポリピュアEX

現在発売されている多くの育毛剤において、その成分数は1つのステータスと言えるほどのものとなってきています。ここ最近発売されたものでも、軽く40を超える配合数の商品も当たり前のように出てきています。

 

そんな中でポリピュアEXの配合成分数はたったの16種類。

 

初めて見た時は、さすがに少なすぎるのでは?と思いました。ですが、特許成分であるバイオポリリン酸が強力だから少数の有効成分でもバランス良く配合されていて効果が出るんだろう!と思い込んでいました。

 

今となっては何も分かっていなかったと反省しかありませんが・・・

 

バイオポリリン酸についてはこちらで詳しく調べ上げていますので是非一度目を通してみてください。
世界が注目のバイオポリリン酸は本当に効果があるのか?

 

ポリピュアEXの有効成分は少なすぎる!

ポリピュアEX

育毛剤は成分数が多ければ多いほど効き目がある!なんて言うつもりは毛頭ないですが、必要な成分を配合していけばどうしてもそれなりの配合数にはなるものです。大切なのは配合成分のバランスをとることです。

 

ポリピュアEXも最新のリニューアルでいくつか成分が追加されましたが、そのバランスは決していいものではありません。

 

追加された成分は、バイオポリリン酸と相性の良い低分子コラーゲンと、男性型に着目したというヒオウギ抽出液。さらにバイオポリリン酸と同じ独自研究の結果生まれたバイオパップス。

 

びっくりするかもしれませんが、これら全て保湿成分です。

 

この超バランス、どうやって薄毛を解消するのか謎なレベルのリニューアルですね・・・

 

成分数が少ないので当然認可されている有効成分も少ない

医薬部外品に配合されている成分には、国に認可されている有効成分と認められていない成分が入っています。有効成分というと入っている成分全てのことと勘違いしがちですが、実はそこまで多くの量は配合されていません。

 

そしてポリピュアEXに配合されている有効成分はたったの2つです。

 

髪の成長を促す「センブリエキス」、抗炎症作用を持つ「グリチルリチン酸ジカリウム」という2つの成分が有効成分として配合されています。どちらも特別な成分というわけではなく、育毛剤と名の付くものにはほぼ入っているメジャーなものです。

 

配合成分は一つの目安

やはりポリピュアEXは、目玉成分であるバイオポリリン酸ありきの育毛剤となっているようですね。この成分が入っているから強いんです!と言わんばかりの少なさです。

 

バイオポリリン酸がそこまで強力な成分であればそれも通るかもしれませんが・・・

 

そもそも、たった一つの成分で強力な効果が得られるというものは医薬品として認可されますから、育毛剤でそんなことはありえないんです。ですから多くの原因が絡み合って起こる薄毛という問題を解消するためには、ある程度多様な成分が必要ということです。

 

そう考えた時、ポリピュアEXではちょっとどうなのかな?と疑問を持ちます。
配合成分数も育毛剤を選ぶ時の一つの指標として重要だとわたしは考えます。

 

NEXT:浸透力の説明に怪しい部分が・・・