浸透力の説明に怪しい部分が・・・

ポリピュアEX

育毛剤にとって重要な要素というのはいくつかありますよね。配合成分であったり値段、副作用の有無なんかも大切です。
その中でも近年重要視されているのが浸透力です。

 

どれほど効果の高い成分であっても、しっかりと浸透しなければ効果は得られません。そのために、各メーカーは様々な方法で浸透力を高める努力を行っています。
ポリピュアEXも同じで、公式ページを見ているとリニューアルによって浸透力が大幅にアップしているといったことが書かれていましたが、

 

詳しく調べてみるととんでもない事実がさらりと書かれていることが判明しました。

 

スルーできない浸透力に関する記述

まずは問題の記述のある箇所を見ていただきましょう。

ポリピュアEX

 

すごく小さく書いてありますが、浸透するのは角質層までと注意書きされています・・・

 

実はこれ、以前は軽くスルーしていたのですが、詳しく調べたところ無視できる問題ではないと判明しています。

 

バイオポリリン酸の効果が得られない!?

ポリピュアEX

角質層という言葉はよく耳にしますが、それがどこまでをそういうのかと認識されている方は少数でしょう。わたしも以前は気にも止めていませんでしたから。

 

上記の画像を見ていただくと分かるかと思いますが、角質層とは皮膚のごくごく表面の部分を指しています。そこからいくつかの層があり、さらにその奥深くに毛乳頭があります。

 

あれっ?おかしくないですか?

 

バイオポリリン酸は毛乳頭に働きかけてヘアサイクルを正常に戻す命令を出すはずです。その成分が毛乳頭には全く届いていないとなると、何のためのバイオポリリン酸?

 

リニューアルで浸透性大幅アップと書いてありますが、じゃあ以前は角質層にも届いていなかったというのでしょうか・・・さすがに驚きました。

 

バイオポリリン酸については世界が注目のバイオポリリン酸は本当に効果があるのか?で詳しく書いていますが、そもそも全く届いていないのであれば効果が得られるはずもないですよね。

 

事前リサーチで気になったことは徹底的に調べましょう

ポリピュアEX

ここに書いてきたことも、事前のリサーチ時にすでに見ていたことです。ですがその時には特に気にとめず簡単にスルーしてしまっていました。

 

こういう姿勢が育毛剤選びの失敗を生み出していたんだなと反省するばかりです。
あの時に「角質層までってどういうことかな?」とちょっとググればおかしいことに気付けていましたからね。もったいない・・・

 

ほとんどの育毛剤公式ページには「小さい文字で」注意書きをしてあります。これは卑怯だなと思うようなものも中にはありますが、それをしっかりと確認していくしか方法はありません。

 

少しでも引っかかる部分は自分で調べるか、直接電話して聞いてみるべきです。決して安くない買い物である上に、大切な髪の毛に関わることですからね。

 

NEXT:医薬部外品は実は効果を保証するものではない