医薬部外品は実は効果を保証するものではない

ポリピュアEX

「医薬部外品」と言われると、「医薬品と同じように効果が高そうだな」と勘違いしている方は多くいらっしゃると思います。もちろんわたしもそうでしたが調べたところ、どうもそうではないことが分かりました。

 

よく「厚生労働省認可」のポリピュアEX!といった文言を掲げ、国からその効果を認められていますという説明を書いてあるサイトがありますが、実は今出回っている育毛剤のほとんどが厚生労働省に許可されている商品なんです。

 

ここでは、医薬部外品についてのよくある勘違いを解消していきたいと思います。

 

知らなかった事実!育毛剤にランク分け?

厚生労働省において化粧品に分類される育毛剤ですが、その配合成分などによってランク付けされています。

 

大きく分けて、化粧品・医薬部外品・医薬品の3つに分類されています。

 

医薬品

一番効果が高いランクとされているのが医薬品です。病気や疾患を治す効果を持つものが医薬品と呼ばれます。
液体の育毛剤で医薬品と呼べるものは、ミノキシジルを配合しているリアップのみとなっています。臨床データによる裏付けもある高い発毛効果を期待できる育毛剤ですね。

 

他にはAGAクリニックなどで処方してもらえる、プロペシアやミノキシジルタブレットも医薬品に分類されています。これらの商品も「発毛効果がある」とはっきり断言してもよいとされています。その反面副作用などの問題もありますが。

 

化粧品

一番効果が低いランクとされているのが化粧品です。状態を改善する効果はなく、状態を清潔に保つといった目的のみに使用されます。医薬品のように「発毛効果があります」と書くと薬事法にひっかかってしまいます。

 

育毛剤で化粧品に分類されている商品は、スカルプエッセンスと呼ばれています。このスカルプエッセンスには、厚労省の認可を受けていない成分が配合されています。
一見すると医薬部外品と同じような商品に思えますが、こういった明確な違いがあります。

 

医薬部外品

医薬品と化粧品の間にランクされているのが医薬部外品です。その効果としては「人体に緩やかな効果が期待できる」というもの。そしてそれを名乗るためには厚生労働省の認可が必要となります。また、生産ラインなどの規定も存在し、審査を受けなければなりません。

 

これら医薬部外品は「薬用」や「医薬部外品」といった表記をパッケージにしておく義務があります。効果を表現する際も「高い発毛効果を実現!」といった直接的なことは書けません。あくまでも緩やかな効果しか期待できないものですから。

 

育毛剤のどこか遠回しの表現方法は、こういった法に触れないように工夫していった結果なんでしょうね。

 

ポリピュアEXでいえば、「毛乳頭へ4つの薬用配合成分がズドンッ!」と書かれているところなんかはまさにそれです。「毛乳頭まで浸透!」とは書いてありませんからね。

 

なぜほとんどの育毛剤が厚生労働省認可なのか?

上記したように、ほとんどの育毛剤は厚生労働省認可された医薬部外品です。緩やかな効果が期待できる商品として、厚生労働大臣の承認を受けています。つまり、医薬部外品であれば厚生労働省認可ということです。

 

以前はそれを大きく宣伝に使っていましたが、今ではほぼ当たり前のことなのでわざわざ大きく書いてあるサイトは減っています。

 

ですが開発メーカーからすれば、「医薬部外品」や「厚生労働省認可」といった文言を使った方がいいと考えるのも納得できます。そう書いておけば、詳しく内容を理解していない多くの人達への強力な販売文句となりますからね。効果を裏付けているんだろうと勘違いしますから。

 

わたしも実際にポリピュアEXを使った半年を振り返ると、医薬部外品が効果を保証しているものではなかったと見えてきました。わたしは手遅れでしたが、事前に判断できていればという後悔からここに記しておきます。